ウォームアップ、
クールダウン

クールダウンの方法

ウォームアップに比べ、クールダウンは忘れられがち。けっこう大切なので実施するようにしたい。

疲労回復の促進

マッスルポンプにより、血液の心臓への帰還血液量を確保し、疲労除去を早めてくれます。

心身の緊張緩和

筋肉と中枢神経の相互作用により生じた緊張状態を緩和してくれます。

血中の遊離脂肪酸の早期適正化

過剰な遊離脂肪酸は不整脈の原因になることがあります。運動中に増加した血中の遊離脂肪酸を序々に低下させ、心臓に負担をかけることなく早期に安静値にもどします。

クールダウンの実践

当日行った主運動の強度を3-%~50%くらいにさげて5分間程度行い、少しづつフェードアウトします。

その後、ストレッチを実行し、筋肉のリラクゼーションをはかります。運動後に炎症などがある場合はアイシングをん施すことが有効です。

sitemap