腕を太くする

前腕

鍛えるなら前腕

上腕二頭筋を徹底的に鍛え上げ、いざ夏になって見せ付けたいところですがTシャツだとせっかく鍛え上げた二頭筋が隠れてしまいます。タンクトップであからさまに見せ付けるのもちょっと・・・。

そんな人は前腕を太く鍛えましょう。

半袖が着られる間、太い前腕を思い切り見せ付けましょう。前腕は人に見られる機会が多く、当サイト重要項目の一つです(笑) よって特に重点的に行うことにします。

前腕の構成

前腕は指を稼動させるためにそれぞれの指と直結した複雑な筋肉群で構成されている。

前腕の鍛える器具

ポイントを外側と内側の二つに分け、確実に太くしましょう。その際、器具を使うと効果的。ちなみにこの器具、スポーツデポにいたときの人気商品でした。

前腕内側

前腕の内側、サイド、ここが前腕を太くする上で重要なポイントとなる。  これも鉄アレイなどで実行される人もたまに見受けられますがやはり効果についてはあまり  良い報告を聞きません。  この器具でしっかり手首を固定し、内側にしっかりと負荷を集中させましょう。

前腕外側

いくら腕が太かろうと ポヨンとした印象の腕よりも筋繊維の浮き上がった腕のほうがワイルドさが引き立つ。  前腕の野性味あふれる筋繊維のラインは前腕の外側を鍛えることで形成されます。  外側の筋肉の収縮は手首を外側に返す運動が効果的。  鉄アレイやダンベルで行う人もいますが効果については好評とはいえないようです。  手首が不安定なせいで負荷が一定に伝わらず、効果がでない要因になっています。

この器具でダイレクトに収縮させてください。

強度

軽めで痛くなるまで行う。できれば痛みを越えたあの焼け付く感覚。バーンにまで到達できれば完璧。一気に細胞液が流れ込み、パンパン状態に。これを繰り返せば容積が大きくなり、腕が太くなっていくという仕組み。ただ痛みはストレスにもなります。自分の心の状態と相談しながら行いましょう。

sitemap