腕を太くする

上腕二頭筋

ダンベルトレーニング

上腕二頭筋はアームカールで鍛えます。 これは筋トレを意識し始めた少年の頃、だれでもすぐにイメージするトレーニングですね。
実践方法は単純なんですが器具が色々あります。
何を使うか序盤からけっこう頭を悩ませてくれます。
ダンベルか鉄アレイか。
一見するとダンベルは重量調節ができて便利そうですが正直、付け替えるのが面倒です。インターバルにちょうどいいのでは?といわれればその通りですが...。管理人の場合は複数の重量の鉄アレイを準備してトレーニング中に変えています。
ただそうなると部屋が鉄アレイだらけになります。
出しっぱなしにして足の小指を痛打することは目に見えています。
これはもうお好みですね。

方法

スポーツジムなどでは肘をついてやっている人とそうでない人をみることがあります。
無難な方法が肘をつかないでやる方法です。
肘をついてやる場合は注意が必要。
この←の図のような状況になってしまうとほとんどの負荷が筋肉にかからず、「骨」にかかってしまっています。当然ですがこれではほとんど効果は0です。こうなってしまうくらいなら肘は浮かせてやったほうが良いです。

そう、実はこの二頭筋を鍛えるときに悩ましいのが肘との関係性。  その肘との関係性を解決し、一気にトレーニング効率を上げるのがこの「アームブラスター」です。

かのシュワちゃんが愛用したことでも知られるこの商品。見た目はかなり地味。  しかし肘の後ろをガッチリホールドすることで負荷が逃げることを許しません。  すべての責任を二頭筋に押し付けるかのごとく肘の後ろからの逃げ場を塞ぎます。  負荷の一点集中により、成果がモロに出るため、筋トレのテンションが物すごく上がる器具です。

sitemap