腕は誰でも太くすることができる!

小学生の頃から腕が細く、体育際の出し物の練習中、持ち上げられず、当時の担任から「チッ」と。いかにも「力の弱いのが混じってるな」的な舌打ちをされ、すこやかな成長を育んだ経験のある自身がいうのですから間違いありません。

腕を太くしたい願望とは?

それはすなわち、人から「強そう」と見られたいという願望です。そう考えてしまうと身も蓋もありませんが誰も「弱そう」などと思われたい人がいるわけではありません。いたって普通な願望かもしれません。

それよりも外見で不当に舐められたりする人が出なければいいなと思います。そういった願望がある人は是非参考にして下さい。

手っ取り早く強くみせる

人間の体は洋服で覆われており、その下をうかがい知ることはできません。しかし腕は季節によっては一目瞭然となります。人は顔など見えている部分を手掛かりにその他の情報を補完する能力があります。顔がゴツければ「強そう」など。その腕の状態が細ければ「ガリガリだな」「弱そう」「もっと食べたほうが」などと勝手な予測を立ててきます。

では腕が太ければどうでしょう。たとえ他の部分がガリガリであってもその腕の情報を見た人は勝手にその他の部位にまで予想を広げてしまいます。

ですから「強そう」に見せたい人にとっては腕だけにトレーニングを集中すれば比較的楽に願望を達成することができるわけです。

スポーツでの能力アップ

握力がアップするのでテニス、野球でのバッティング、柔道での相手の崩し、に有利になります。

実際に強くなるかもしれない

腕を太くするために行ったトレーニングにより、パンチ力が上がりました。ただパンチ力が上がってスポーツ以外に利用するのは考えもの。

腕を太くする意外な盲点。

初めて腕を太くしようと考えた時、何をしようと思い浮かべましたか?恐らく鉄アレイやダンベルを一生懸命持ち上げる。アームカールではなかったでしょうか?結果どうだったでしょう?力コブは相応に付いたかもしれませんが・・・果たして当初の望んでいた結果は得られなかったかもしれませんね。

筋トレは苦痛を伴うので行った限りはその対価は確実に得たいところ・・・。

というわけでここでは腕を太くする効率的な方法について考察していこうと思います。