首を太くする

首の故障の原因

首の故障の原因について、間違った鍛錬による故障も多いため、注意が必要です。

普段の生活

無理な姿勢の継続

縫い物が好きな人や添乗を見上げる作業が多い人に首の故障が良く現れます。

見上げたり、見下ろしたりし続けるときは休憩を挟むなどして無理をしないことが大切。

首を頻繁にならす

これは知り合いの人が癖でよく鳴らしていました。だんだんエスカレートしていましたね...。

首を鳴らす実感としては稼動区域が広がり、気持ちよさをかんじます。しかしこれはキャピーテーションという気泡が潰れる現象なのです。

靭帯を痛め、だんだん固まっていき、また鳴らしたくなります。悪循環になるので首だけではなく、間接はならさないようにしなければいけません。

寝違い

うつぶせに寝たりすると首がねじれたような状態で寝ることになり、寝違いの原因になることがあります。

鍛錬方法の誤り

無理な負荷で実行

無理に重い負荷で実行したり、無理な体勢で実行すると逆に首を痛めてしまうので気をつけなればいけません

慣れてくるとつい無理をしがちです。

腕などのように関節を開閉して筋肉に負担を掛ける方法は方向によっては故障に繋がります。基本的には動かさない、真っ直ぐな姿勢を維持するような鍛え方がベターです。

やってはいけない方法

首を後ろに反らす運動。首の後ろを鍛えようとこのような方法をすると即、故障します。これはやってはいけません。

sitemap