肩を大きくする

基本的なトレーニングの紹介

ダンベルショルダー

上に持ち上げるトレーニングです。これは外側より肩の内部、インナーマッスルに効きます。能力アップにはけっこう忍耐が必要になります。

やり方

足を肩幅に開き、頭の上まで持ち上げる。持ち上げたとき、肘を伸ばしすぎないこと。背筋を意識し、姿勢を真っ直ぐにして行うこと。

サイドレイズ

注意点としては肘を曲げて実行すること。自分の能力に対して重すぎるものでは行わないことの2点。三角筋の真ん中あたりを鍛えてくれます。

やり方

軽く肘を曲げ、両手に適当な負荷を持ちます。息を吸いながら肩の高さまであげます。このとき肘を下げすぎない事。手の甲は天井に。

ベント・オーバー・ラテラル・レイズ

けっこうオススメなのがこのトレーニング。肩の後ろ側を鍛えてくれます。体を倒しているので腱盤に負担がかかりませんので高い重量で行うこともできます。

やり方

ダンベルを持ち、前傾姿勢をとる。このとき、背筋を伸ばし、しっかり背筋を意識する。腕を伸ばしたまま肩の高さまで持ち上げる。三角筋後部から背筋にかけてエクササイズするトレーニング。
sitemap