さぁ!実践

まずは自身の状態をできるだけ詳しく知る必要があります。まさか今時、体重計だけで・・という人はいませんね。

体組成計とは?

体に微弱な電流を流し、その反響を調べ、体の中の構成を知るシステム。微弱ですからビリビリっとしびれるようなことはありません。これをインピーダンス法といいます。

オムロンではこれに今までの集積された一般的な人体のデータを基礎とした推定式を採用しています。

アスリートモードとは?

タニタには一般とは異なる体の構成になりやすいアスリートの人への測り方、アスリートモードにも対応。ボディビルダーのような、筋肉量が多くなるようなトレーニングが多い方は、一般成人に比べ、筋肉量も多く、骨格も太いという傾向がみられる。

それが筋肉に含まれる水分量もトレーニングによって一般成人とは異なっていると考えられています。

そのような一般成人とアスリートでは身体組成の違いから、測定されるインピーダンス(電気抵抗)が異るため、アスリートモードによる測定が推奨されます。

どちらのメーカーの体組成計も持っている管理人ですが体感的に体脂肪はオムロン。筋肉ならタニタのデータに信頼性があるように思っています。

体組成計メーカー

オムロン、タニタ、そしてインボディこの3つのメーカーが代表的な体組成計メーカー。体重の測り方が若干違っており、どちらがいいかというのは個人にゆだねられています。

細かい機能の好みで選べはいいと思います。最近のはスマホ連動しててめちゃ便利。

特にダイエットは長期的に検証する必要があるのでデータ分析に重宝します。

オムロン 体重体組成計 HBF-702T 部位別測定 四肢計測 Bluetooth対応

目的に合わせた2通りの測定方式により

・体重・BMI・体脂肪率・内臓脂肪レベル・皮下脂肪率・骨格筋率・基礎代謝・体年齢

 

InBody プレミアム体組成計インボディダイアル InBody Dial H20B【正規品】

年齢・性別入力を排除、一般的な情報による補正をかけない、純粋にその人個人の測定に着目。

・体重・体脂肪率・骨格筋量・内臓脂肪レベル・【体脂肪量・基礎代謝量】これら二つはアプリで表示。

 

 

RD-800-BK 筋肉の質が分かる 医療分野の技術搭載 インナースキャンデュアル

・体重・体脂肪率・BMI・筋肉量・筋質点数・体水分率・内臓脂肪レベル・MBA判定、基礎代謝量・推定骨量・脈拍数など

測定項目数はタニタ史上最大の26!