脚を鍛える

足を鍛える意義

見た目にこだわる当サイトの主旨としては下半身を太くすることはできかねます。
ジーンズを履いたときにパンパンになってしまうのも嫌だからです。

鍛える意義としては

  • 下半身の安定による大幅な運動能力のアップ
  • 全体的な筋肉量を増やし、ダイエット効果を狙う

運動能力のアップ

下半身の安定性は野球、サッカーどんなスポーツでも重要です。
将来プロを目指す人なら下半身のトレーニングはさけられません。

一般人の我々も鍛えていれば様々なシーンで差が現れます。

たとえば荷物を抱えたとき、腕力も関係しますが多くは下半身の安定性です。

不安定だとフラフラしてしまいます。

ダイエットに

人間の筋肉量の50%は下半身が占めています。基礎代謝を増やしたいのであれば下半身の筋肉を増やしたほうが効率が良いです。

注意点

成長期にある人には極端に足を鍛えることはオススメできません。
足の長さに影響がくる可能性があるためです。

骨を伸ばすのはカルシウムもありますがたんぱく質の量で決まります。足を鍛えすぎると骨にいくはずのたんぱく質の多くが筋肉に回されてしまいます。このためなのか、サッカーで鍛えすぎると足がみじかくなるなんてことが言われています。栄養をしっかりとれば問題はありません。しっかりたんぱく質を摂ることが大事。

太くしないためには

あまり足を鍛えすぎると太くなるのではないかと考えがち

負荷重量を重くしなければ問題ありません。自転車レースのトップレベルの選手の脚は細く、しなやかです。彼らは負荷の軽いギアで回転数を高く維持して走ります。競輪選手にトップスピードでは負けますが長い走行距離を安定したスピードで走行可能にしています。

sitemap