栄養

ビタミン

ビタミンは栄養を運ぶトラックの役割でたとえられています。不足すると栄養をエネルギーを運ぶことができず、運動効率が悪くなります。

ビタミンA視覚に作用する。足りなくなると夜、見づらくなる「鳥目」になるといわれています。しかし摂りすぎると悪影響も。
ビタミンB1糖質をエネルギーに変える作用がある。不足するとだるくなったり風邪を引きやすくなります。
ビタミンB2脂肪の代謝に関わる栄養素。子供の発育を助けるため、成長期のお子様がいらっしゃる方は十分に摂る必要があります。足りなくなると口内炎ができやすくなります。
ビタミンB6たんぱく質、糖質の代謝に関わる栄養素。アミノ酸の合成、分解に作用。いくらたんぱく質をとっても足りなければ筋肉はつかない。
ビタミンCメラニン色素を抑え、シミ・ソバカスを防ぐ。鉄の吸収を高める。肌の健康を保つコラーゲンを作るのに不可欠。摂りすぎても尿として体外に排出される。
ナイアシン糖質や脂質の代謝に作用する。
葉酸造血作用があり、不足すると貧血を起こす。
ビタミンB12たんぱく質の代謝に作用。赤血球の生成。足りなくなると神経痛やイライラ、集中力の低下など。
ビタミンDカルシウムやリンの吸収を助ける。紫外線を浴びると皮膚で合成されるため、たまには日光浴をするのもいいでしょう。
ビタミンE血行を良くする。老化防止。不足するとしもやけ、溶血性貧血など子供のころの私にピッタリの症状なんですが足りなかったんでしょうか...。アーモンドにたくさん含まれているようです。
ビタミンK血液凝固作用

いろんな栄養素がお互いに関係しており、そのような関係から自然の食品からバランスよく摂るほうが良い。
といわれていますが昔、ものすごい乾燥肌の私は薬局で購入したところものすごい潤い感があり、サプリメントの効能を実感した一人です。
サプリメントはどうやら当たりはずれがあるようです。購入者のレビューの評価を参考にすると良いでしょう。

sitemap