栄養

アミノ酸

たんぱく質はこれらアミノ酸の集まりです。プロティンの袋の裏側の成分にたくさんの表記がされていてどれがどんな働きがあるのかいろいろと調べてみました。

必須アミノ酸

食品やサプリメントで摂らなければならない

イソロイシン分岐鎖アミノ酸の一種、体内に吸収されやすく、エネルギー源として使われる。
ロイシン分岐鎖アミノ酸の一種、筋肉のたんぱく質の分解抑制。皮膚、骨折の回復を助ける。
リジン不足してくるとたんぱく質の合成スピードが悪くなる。
骨、軟骨その他の結合組織を構成する繊維たんぱく質の形成を助け、骨の発達を即す。
メチオニンケラチン(髪の毛、爪を構成するたんぱく質)の要素として重要なシステインを作る。...!薄毛に悩む人に朗報か、と思いきや過剰に摂ると悪玉コレステロールが増えるようです。
フェニルアラニンコラーゲン生成の最大要素。注意力を向上させるが神経過敏の原因にもなる。
スレオニンコラーゲンの主要要素。菜食の人には体内の量が少ない傾向があるそうです。不足すると肝臓に脂肪が蓄積。菜食主義だからといって必ずしも美容にいいとはかぎらないわけですね。
トリプトファン脳神経伝達物質のセロトニンの元になる物質。セロトニンは不眠、ストレス、不安を鎮静させる作用がある。
バリン分岐鎖アミノ酸の一つ。肝臓では処理されず、筋肉に取り込まれる。

非必須アミノ酸

他のアミノ酸を使って体内合成できる。

アルギニン一酸化窒素(筋繊維の末端で作られ、筋肉を作る働きをもつ気体)を増やす。インシュリン、グルカゴン、成長ホルモンの分泌を増やす
システイン肝臓で有害な化学物質の解毒をする。髪の毛のたんぱく質の合成に必要。
アラニン結合組織の主要構成要素。グルコースアラニン回路の主要中間物質。
アスパラギン酸筋肉のエネルギー代謝に関わる
グルタミン酸脳の代謝、他のアミノ酸の代謝に重要
グルタミン最も量の多いアミノ酸。重要なエネルギー源。激しいトレーニングで消費される。足りなくなると免疫力が低下する。
グリシン他のアミノ酸の合成を助ける。グルカゴンを作る。グルカゴンはダイエットにおいて重要なキーとなるホルモン。
オルニチンたんぱく質分解のときに生じる尿素の処理にあたる。
プロリン結合組織、心筋を形成する主要要素。コラーゲンの主要成分。
セリンエネルギー生成に重要。記憶。神経系の機能を助ける。
タウリン脂肪の消化に使われる胆汁塩を作るために使われます。
sitemap