栄養

プロティン選びのポイント

運動の種類で選ぶ

自分の行う運動の特徴とプロティンの性質を照らし合わせて選ぶ。

筋肉を太くしたいのであればホエイ。引き締めたいならソイ。二つの要素を含んだタイプもある。成果が明らかに違うのでよく考えてから買おう。

味で選ぶ

ホエイはおいしいですがソイプロティンは大豆系なので味がイマイチ。しかし効き目は確かなのでやはり摂りたい。しかし味が...。と堂々巡りになることもあります。ソイプロティンにも味が飲みやすいタイプのものがでるようになっています。続かなかったらなにもなりませんので機能性より初めから味がいいのを選ぶのも一つの手です。

栄養成分で選ぶ

よく見ると各メーカー別に配合されている栄養、または栄養分の配合量が違うことがわかります。あるメーカーにはグルタミンが大きく添加されていたり、たんぱく質の合成を助けるビタミンDが多く配合されていたりなど。袋の裏側には注視していろいろ試していくのも面白いです。

プロティンの飲み方

昔は牛乳などに溶かして飲むことも多かったのですが最近では水で溶かして飲むことも多くなってきています。牛乳に溶かすことで消化吸収が遅れることもその要因の一つのようです。
また、水道水には殺菌作用があり、プロティンの大事な栄養素にもなんらかの影響があるかもしれません。浄水器をとりつけるかペットボトルのアルカリ飲料で溶かすのもいいでしょう

ちなみに私はRO水という純水に溶かして飲んでいます。

sitemap