栄養

プロティンを摂る意義

筋トレの効果を高める

筋トレは普段の生活活動とは異なり、乳酸を溜める運動を繰り返します。 いわば体を破壊し、修復する作業。その際、修復する材料が足りなければ単なる破壊行為となってしまいます。修復する材料として使われるのはたんぱく質です。いくら筋トレをしても栄養が足りないとどうなるか...。自分の細胞を切り崩して栄養を作り出そうとします。無理なダイエットを慣行した人が脂肪だけでなく、筋肉まで落ちてしまうのはこのためです。これではいくら一生懸命筋トレしたところですべて無駄になりますよね。
そうならないためにもトレーニングした分はしっかり栄養を摂る。ということが筋肉をつける上で重要になります。

カロリーコントロールがしやすい

たんぱく質を摂るためにはその多くを含む肉類を摂る必要があります。それもいいかもしれませんが同時に脂肪も多く摂ってしまいます。意外に肉類に含まれるたんぱく質は割合からいうと少ないのです。必要なたんぱく質を摂ろうとすると簡単にカロリーオーバーとなってしまう恐れがあります。
しかしプロティンの場合は9割以上がたんぱく質です。しかもプロティンには無駄な脂肪は入っていません。ビタミン類も含んでいるため、ダイエットの置き換えとしても使えるすぐれた食品といえます。

トレーニングが続く

私のような貧乏性だとプロティンを一つ買うのにもけっこうな覚悟を要します。 摂取したからにはトレーニングをさぼるわけにはいきません。無駄になっちゃいますからね。

sitemap