自転車で鍛える

自転車の筋トレ効果

自転車はペダルを漕いで前に推進します。ペダルに伝わる力が強く、速ければスピードが増していきます。

自転車は踏みしめる運動だけかと思っている人も多いでしょう。自分もそうでした。実際に乗ってみて思ったんですが実に様々な筋肉を使います。又、それが自分にとって自転車が魅力的に映った要因の一つです。

乗り味が劇的に変わるオプションパーツ

自転車は作りがシンプルな分、一つのパーツを変えるだけで劇的に乗り味が変わります。それがまた面白い。

固定ペダルの効果

固定ペダルとは足とペダルを一体化してしまう装置です。固定ペダルを使用することで自転車の性能が劇的に変わります。車に例えるならトルクが上がる感じです。パワーの伝達が上がり、坂道も一気にいけます。

なぜ固定ペダルでパワーが上がるの?

普通のペダルを漕ぐ動作というのは踏みしめるだけです。しかし固定ペダルをすることによって今度は引き上げる動作が加わります。漕ぐというより回転させるという感覚になり、パワーの伝達が効率化します。

ペダルを漕ぐ時に使う筋肉は?

太腿、ふくらはぎ。固定ペダルを取り付けることによって引き上げる動作として大腰筋などの内部の筋肉を使います。骨盤内の筋肉はダイエットに効果的で注目されている筋肉です。

足が太くなっちゃうんじゃないの?

乗り方によります。たまにものすごい足の太い人にでくわします。彼らの乗り方の特徴としてはごく短い区間をものすごいスピードで駆け抜けます。筋トレでいえばMAXパワー系ですね。なので負荷を軽く(下の方の軽いギア)でロングランを走れば心配ないです。自転車の世界大会のトップ選手の脚は細く、しなやかでビックリしますよ。

sitemap